ある調査によれば、日本人の6割が包茎(真性包茎・仮性包茎など)だといわれています。雑誌やネットの口コミなどで包茎クリニックの広告を目にする機会も多いと思いますが、実際に包茎治療のクリニックはどんな病院で、どのような流れで手術を行い、一体料金・費用はいくらかかるのか、診察の際に女性の看護師さんに見られてしまうのかなど、疑問な点が多く手術に踏み切れない方もいるのではないでしょうか。
 また、誰にもバレずに包茎治療ができるのか?傷跡が残るんじゃないの?等そんな気になる手術後の様子等も実際に包茎手術を受けた方に貴重な体験談を掲載していますので、手術に踏み切るまでの過程や、手術後の過ごし方についてもまとめて参考になる様まとめて比較しています。
 ここでは、友達や両親にも相談しにくいそんな悩みや疑問を解消できるよう、いろいろな包茎手術専門のクリニックについて比較しながら調べてみました。きっと悩み解決の糸口が見つかるはず!もうひとりで悩まないで!

 

         〜目次〜

・包茎手術の基礎知識をしっかり身につけよう


・包茎とはどの様な状態なのか?


・包茎の手術は健康保険が利用できるのか?


・包茎手術の気になる料金について


・包茎のデメリットについて


・包茎だと早漏になりやすいのか?


・おすすめ包茎手術クリニック


・おすすめ包茎手術クリニックの特徴を一覧で比較


・包茎手術来院時の流れ(上野クリニックの例)


・包茎手術の費用について(上野クリニックの例)


・包茎手術の口コミ体験談


・包茎手術に関するQ&A


・包茎手術クリニックを選ぶ際のアドバイス


包茎手術の基礎知識をしっかり身につけよう

包茎手術を受ける前に是非一読してみると参考になる
包茎手術の基礎知識
 包茎手術を受ける前の準備として、包茎はどのような状態の場合に健康保険が適用されるのか?包茎手術の費用はいくら位かかるのか?包茎手術を受けることでデメリットはないのか?包茎と早漏とは関係があるのか?など包茎についての基礎知識を解説していますので、まずはこちらのサイトでよく学習してからまずはカウンセリングを受けるようにしましょう。各クリニックで申し込みの方法は異なりますが、簡単にネットからでも申し込めるようになっています。希望の日付と時間帯を入力するという流れが主流です。
 包茎といっても症状がいくつかあります。先天的あるいは後天的な理由で包皮が完全に亀頭を覆っている真性包茎包皮が部分的に亀頭を覆っているものを仮性包茎といいます。その他に医学的に包茎には種類があるそうですが、まずは自分の包茎の状態を把握してから手術に踏み切るのと、全く無知で受けるのとでは心構えが違ってきます。ですから包茎についてしっかり基礎知識を学んでおきましょう。
 また、実際に包茎手術を受けた方の体験談も参考になりますので、一緒に熟読してみるといいでしょう。なかなかこういった内容は友達同士でも話せる機会は少ないと思います。症状や体質によっても手術方法や痛みなんかは個人差がありますが、受けてみた方にしか解らない痛みの表現もありますのでこれから包茎手術を受けようと思っている方にとって参考になるかと思います。

 

ここがポイント!

★ 包茎手術を実際に受けた方の体験談を参考にしてみよう!

 

包茎とはどの様な状態なのか?

包茎とは?自分は包茎なの?と疑問になったら参考にしてみて
包茎とはどの様な状態なのか?
 包茎とは、亀頭の一部あるいは全体が包皮に覆われている状態の陰茎を指します。男性の性器は海綿体を中心とする陰茎体部とこれを覆う包皮部からなっており、成人男性では、亀頭と呼ばれる陰茎体部の先端が、通常時でも露出している場合があります。統計によると陰茎が勃起していない状態でも亀頭部分が完全に露出している割合は、成人男性の8パーセント程度で、医学的に包茎と分類されるのは、先天的あるいは後天的な理由で包皮が完全に亀頭を覆っているもののみとなっています。一般にこうした状態は真性包茎、包皮が部分的に亀頭を覆っているものが仮性包茎と呼ばれていますが、これは日本だけの呼称で、国際的にはいわゆる仮性包茎が正常な陰茎の状態と見られています。
 日本で仮性包茎という独特の言い回しが生まれたのは、それだけ日本人に仮性包茎が多く、気にしている方が多いことのあらわれでしょう。真性包茎の場合は、外から力を加えて包皮を後退させても亀頭部分を露出させることができず、性行為や深刻なものでは排尿にも支障を来すことがあります。また、亀頭を露出させて洗浄することができず、陰茎の先端部分と包皮の間にたまる汚れや雑菌を洗い流せず、不潔な状態になって炎症などの問題が引き起こされがちなため、外科手術によって改善することが望ましいとされています。外力によって亀頭を露出させることができない陰茎でも、多くは性交渉が可能で、生殖能力にも基本的な問題はありませんが、包皮内にたまった雑菌が女性器に入り、膣炎などの原因になる可能性は否定できません。
 通常時に亀頭が露出していない仮性包茎は、実際に日常生活や性行為をおこなう上で大きな支障はありません。しかし、一般に亀頭の露出した陰茎が正常とされているためや、仮性包茎である男性が多いためそれだけ悩んでしまう男性も多く、コンプレックスを感じる場合や、女性がこれを嫌う場合もすくなくありません。場合によっては、陰茎体部と包皮部の間にたまった恥垢のために異臭を放つことがあります。また、亀頭部分が日常的に刺激されていないため、発育が抑制されていたり、早漏の確率が高かったりする可能性も考えられます。

 

ここがポイント!

★ 包茎には仮性包茎・真性包茎がある!
★ 日本人に仮性包茎の人が多くいて、コンプレックスに感じている人が多い!

 

包茎の手術は健康保険が利用できるのか?

包茎の種類によって健康保険適用かどうかが異なる
包茎の手術は健康保険が利用できるのか
 包茎手術は、健康保険の適用対象になるのでしょうか?一般に包茎手術を受ける際、周囲の目や自分自身の心理的な抵抗、術後の経過に対する不安などと共に問題となるのが、費用の額です。手術に関心があり、よりよい性生活を求めて包茎手術を受けようと思い立ちながら、手術費の額を聞き、二の足を踏んでしまったという人が少なくないはずです。
 包茎手術の場合、入院の必要もなく、患部が体内にあって切開しなければならないわけでもないので、よけいに割高感があるのかもしれません。軽い気持ちで手術を思い立った人にとって、包茎手術の費用は決して安いものではありません。病気で診察を受け、手術を受ける場合のように健康保険が適用されれば、30パーセントの自己負担でおなじ手術を受けられるので、ずいぶん敷居が低くなるはずです。たとえば全額自己負担なら10万円かかるところが、社会保険を適用することで3万円になれば、多くの人が包茎手術に踏み切るのではないでしょうか。
 現実には残念ながら、包茎手術に健康保険が適用される例はあまり多いとは言えません。なぜなら健康保険が提供されるのは疾患に対してのみとなっているからです。医学的な見地から包茎とみなされるのは、陰茎体部を覆う包皮部分の開口面積が狭い、いわゆる真正包茎だけであり、外部から力を加えれば亀頭部分を露出させられる仮性包茎は、国際的には正常な状態と考えられています。そのため、仮性包茎は疾患とは見なされず、手術で矯正する場合は、美容整形で鼻を高くするのと同じ行為とみなされ、ほとんどのケースで適用外になってしまうのです。
 真性包茎では性行為が困難になったり、包皮内に雑菌が繁殖して炎症を起こすなどの疾患を招いたりするため、健康保険を使って手術を受けることができます。(健康保険を取り扱っている医療機関のみ)一方、外力によって亀頭を露出させることのできる仮性包茎では、保険が適用になることはほとんどないでしょう。保険が適用されるかどうかの基準は、それが病理的な異常と認められるかどうかにかかっており、簡単に言えば、手術を受けないと生活や健康面に支障を来すような場合は保険の適用範囲に含まれると考えられます。

 

ここがポイント!

★ 病理的な異常があるのならば保険適用になる場合もある!
★ 仮性包茎の場合は健康保険が適用されるケースは少ない!

包茎手術の気になる料金について

包茎手術を受ける費用について紹介しています
包茎手術の気になる料金について
 包茎手術を受けようかと思っている方の中には、値段によって決めようという方もいます。では包茎手術にはどのぐらいの費用がかかるのかというと、まず健康保険が適用されるかどうかによって大きく違います。
 真性包茎やカントン包茎の場合、そのままにしておくと病気になる可能性もあり、生活に支障をきたすと判断され、泌尿器科などの保険対応の医院では健康保険が適用されています。そのため、自己負担額も少なくなり、健康保険治療の適用となる泌尿器科で手術を受ける場合、費用としては1万円から3万円程度となります。一方、仮性包茎の場合、普段から清潔に保っておけば病気になるリスクも少なく、「カッコ悪い」「恥ずかしい」などの精神的な問題と判断され、生活に支障をきたすとはみなされないので、健康保険は適用されません。その場合の料金は、仮性包茎か真性包茎かということや、手術を受けるクリニックによって違います。
 包茎手術専門クリニックで手術を受ける場合の料金としては、健康保険の適用がないクリニックがほとんどで仮性包茎の場合、手術料金は8万円から20万円程度となっています。ただし、学割やキャンペーンなどを行っているクリニックもありますので、そのようなクリニックで手術を受けるともっと安くなる可能性もあります。また、真性包茎やカントン包茎の場合でも、保険は適用されなくなりますが、包茎手術専門クリニックで手術を受けることもでき、泌尿器科よりも丁寧な手術が期待できます。料金は10万円から30万円程度が相場です。傷跡を少しでも少なくしたい方の場合、包茎手術専門クリニックで手術を受けた方が良いかも知れません。

 

ここがポイント!

★ 包茎手術専門のクリニックなら8〜20万円程度で仕上がりもキレイ!

 

包茎のデメリットについて

包茎の種類によっても異なるデメリットとは
包茎のデメリットについて
 包茎の最大のデメリットは、放置しておくと病気を発症する可能性があることです。仮性包茎の場合、亀頭をできるだけ露出させるようにして、お風呂に入った際も亀頭周辺も綺麗に洗うことである程度清潔に保てますが、真性包茎の場合、亀頭周辺を洗えませんので、細菌が溜まり亀頭包皮炎や尿路感染症、陰茎ガンなどの病気を発症する可能性があります。また、細菌が溜まった状態で女性と性行為を行うと、女性器にも細菌が感染することもあり、性行為をした女性が病気になることもあります。
 包茎には精神的なデメリットもあります。外見から子供っぽく見えたりすることから、包茎であることに対する羞恥心が強く、温泉や銭湯などの共同浴場に入りにくく感じることもあります。また、女性から嫌われたり、笑われたりするのではないかと思い、好きな女性がいても、食事などに誘ったりできないなど弱気になることもあります。その弱気が他のことにも出てきてしまい、できるだけ人との関わりを避けようとする場合もあります。
 他にも性行為時のデメリットがあります。包茎は早漏の原因のひとつで、早漏であることで自信が持てず、自己嫌悪に陥る方もいます。また、包皮が被った状態のまま性行為を行うと、包皮が長いので、女性の膣内の摩擦が少なく、カリ首と言われる亀頭冠も女性の膣壁を刺激できず、女性を満足させられない可能性もあります。このようなデメリットがありますので、気になる方は一度クリニックなどに相談してみると良いでしょう

 

ここがポイント!

★ 包茎だと炎症を引き起こしやすく、性行為にも支障がでてしまう!

 

包茎だと早漏になりやすいのか?

早漏は外的と精神的な要因が原因になっている?包茎との関係は?
包茎だと早漏になりやすいのか?
 「包茎の人は早漏だ」と言う人も多く、そう思っている人も多いでしょう。早漏の原因は、精神的なもの外的なもの経験によるものなど色々ありますので、人によって違いがあり、一概にこれとは言えません。しかし、包茎の人は早漏の傾向にあります。
 これは、早漏の原因のうちの外的な原因と精神的な原因によります。まず外的な原因としては、刺激に弱いということがあります。包茎の場合、包皮が亀頭を覆っている状態ですので、普段亀頭が刺激を受けることがありません。そのため、性行為の際にちょっとした刺激を受けただけで敏感に反応してしまい、早く射精してしまうこともあります。この原因については、仮性包茎の場合、普段からできるだけ亀頭を露出しておくようにするだけでも、多少は刺激に強くなりますので、早漏が改善する可能性もあります。ただし、継続的に亀頭を露出するようにしないと、また亀頭が敏感になり早漏になってしまう可能性もあります。
精神的な原因としては、最初に述べたように「包茎の人は早漏だ」と思っていることで、自己暗示のように早漏になってしまうことがあります。
 それ以外にも、包茎であることが恥ずかしく、自分に自信が持てないために早漏になってしまうこともあります。自己暗示を解除することは簡単ではありませんが、包茎でなくなれば避けることができます。また、包茎でなくなることで、精神的にも楽になり、自信を持てるようになりますので、早漏が改善することもあります。このようなことからも、包茎手術を受けることで、早漏を改善できる可能性があります

 

ここがポイント!

★ 包茎と早漏の関係は精神的な概念が多く関係している!
★ 亀頭が常に露出することで刺激に強くなり、早漏が改善する可能性がある!

おすすめ包茎手術クリニック

上野クリニック


 上野クリニックは、これまでの包茎治療実績が23万人以上、年間で1万陣以上もある何といっても実績No.1のクリニックです!通常の包茎手術であれば50分前後で終了。最新の麻酔で手術中の痛みを軽減。手術後の激しいスポーツやセックスは約28日で可能です。

 

上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポート

上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポート@
 ずっと包茎であることに悩みを抱えていたけれど、誰にも相談することはできませんでした。僕の場合は仮性包茎だったので、そこまで気にしていませんでしたが、できるのであればなんとかしたいと思い、インターネットで口コミなどを調べて比較し、上野クリニックを見つけました。自分が生まれるよりも前から実績があるクリニックだからこそ更に興味が沸きました。
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートA
 包茎手術をするのに抵抗があったのですが、話を聞くのは無料だったから、とりあえずカウンセリングを受けてみることにしました。ネットで調べたら火曜日が休診日らしいけど、平日は仕事をしているから土日に。
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートB
 早速申し込みのフォームから治療内容の選択をするのですが、包茎の治療というのを選択しました。他のページに自分の包茎の状態に近いのが仮性包茎だなという自覚になったのと、カウンセリングを受ける前に自分の症状がどれなのか参考にしました。
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートC
 それからクリニックの選択、これも札幌から福岡まで15院の中から希望する医院を選択しました。次は診察の希望日と時間ですが、10時15分、11時から19時まで1時間の間隔で選択。第二希望まで入力が可能でした。後は名前(カタカナ入力で、ニックネーム可でした)と、年齢、電話番号、メールアドレスという感じでした。申し込みは夜にして翌日の日中にメールで予約の返信がきました。
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートD
 当日新宿医院へ行ってみると、女性看護師やスタッフはおらず、男性スタッフのみの対応でした。まずカウンセラーが親身になって話を聞いてくれたから、安心して悩みを打ち明けられました
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートE
 一番気になった手術時に使用する麻酔の痛みや、手術中の痛みや、術後の痛み、とにかくあらゆる痛みが気になりました。麻酔は痛みを最小限に抑えた麻酔みたいなので気がついたら打ち終わっているというのがほとんどの方の感想のようです。他にも術後の痛みについて、同じような症状の方の貴重な体験談から痛みを棒グラフにして説明してくれなんとなくイメージできました。
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートF
 ベットに横になっていたら40分ほどですぐに終わるということを聞いて、また来るのも面倒だし思い切って手術の枠も空いているということで受けることに。カウンセリングだけと思って来院したけど不思議とカウンセリングを受けてみて最新医療の安心感が手術の後押しをしてくれました。
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートG
 お手洗いや、水分補給を済ませて早速手術室に案内されました。手術中は痛みも無く、横になっているだけなので何をしているのか不安。しかし担当の方が色々状況を解説してくれ、今メスを使って切除しているや、縫っているなど、あと5分くらいで終わりますなど流れがわかりよかったです。年内のスケジュールの事や包茎を克服した後の事を考えていたらあっという間に終わりました。とける糸で縫ってもらったから抜糸しなくて済むそうでう。不安ならいつでも診察してくれるし、24時間電話も通じるから術後の痛みに耐えられるかが心配なくらい。そこそこ痛みは帰宅中から麻酔が切れたのか出てきて、時々ズキズキ傷みました。少し休憩しながらいつもの倍の時間をかけて帰宅。
上野クリニック東京・新宿医院での包茎手術体験レポートH
 帰宅してすぐに痛み止めを飲み、日頃の疲れと、手術での緊張からか寝てしまいました。起きてトイレに行ったのですが、包帯に血が滲んでいました。けどアフターケアの方法を説明してくれるときに聞いていたから焦らずすみました。それから傷の炎症を抑える?化膿止め?の薬も処方させたから飲みました。当日はシャワーも禁止なので汗拭きシートで体を拭き、翌日は患部は濡らさなければシャワーもいいと言われたけど無理があるだろと思い、清拭とシャンプーを洗面所で済ませました。この時季節は冬だったからよかったけど夏場は結構しんどかったんじゃないかと後から思いました。包帯の処置は1週間ほどやりましたが、2日目にして慣れてきて不器用な俺でも特に問題なかったです。
 かれこれ半年経過しましたが仕上がりの状態もキレイで、多分誰も手術を受けたことに気付かないんじゃないかと思います。長年の悩みも解決して今は彼女とも仲良くやってます。思い切ってあの日包茎手術を受けてよかったです。あの日、もしカウンセリングだけ受けて帰宅していたらきっともう一度行く勇気は自分には沸かなかった気がします。人生は分岐点がいくつもあるけれど、大きな決断をあの日よくしたなと思います。
包茎手術口コミ体験談
(20代:上野クリニック東京・新宿医院で施術)

 

 

おすすめ包茎手術クリニックの特徴を一覧で比較

 包茎クリニックは、手術料金や予約のシステム、女性スタッフの有無などがそれぞれ異なりますので、必ず、各クリニックの公式サイトでご確認ください。

上野クリニック

東京ノーストクリニック

ABCクリニック

クリニックの特徴  治療後の仕上がりの美しさと安心にこだわっています。駅から近く、完全予約制なので待たされることがないので、カウンセリングも手術も働きながらでも安心して通えます。治療前から治療後まで安心の充実したサポート体制です。  年齢問わず男性の悩みに対応してくれます。様々なタイプの包茎に対応できるベテラン医師やスタッフは全て男性なので安心です。美容整形手術のテクニックを応用して綺麗な仕上がりが実現した最先端の医療技術を取り入れています。  事前のカウンセリングで悩みや不安に耳を傾け、治療内容や方法全てにおいて納得した上の明朗会計だからとても安心。術後は全国にあるABCクリニックでアフターケアが受けられ、24時間態勢の電話やメールでの相談が無料です。
包茎手術の体験談 上野クリニックでの体験談 東京ノーストクリニックでの体験談 ABCクリニックでの体験談

包茎手術料金
※(1)

75,600円 73,500円 52,500円

支払い方法
※(2)

現・カ・ロ 現・カ・ロ・振 現・カ・ロ
全国の医院数 14 31 14
学割 対応 対応
完全予約制
実績 年間来院数が12,000人以上 開院25年周年を迎えました 他院からの修正治療が年間約2,500件
土日祝日の診療
24時間受付 電話・メール 電話・メール 電話・メール

 

 ※(1)包茎手術料金は、そのクリニックで最もオーソドックスと思われる術式による治療費用です。
 ※(2)支払い方法の、「現」は現金、「カ」はクレジットカード、「ロ」は各種ローン、「振」は銀行振込を表しています。

 

包茎手術来院時の流れ(上野クリニックの例)

包茎手術来院時の流れ@
受付では男性スタッフが対応しているので、躊躇することなく問診票の記入ができました。
包茎手術来院時の流れA
続いて、医師または男性カウンセラーによる症状などについてのカウンセリングを行います。
包茎手術来院時の流れB
当日に包茎手術(50分程度)を行うことも可能ですが、手術の予約をして帰ってきました。

 

包茎手術の費用について(上野クリニックの例)

・包茎手術(ナイロン糸使用)⇒75,600円

 

・包茎手術(吸収糸使用)⇒105,000円

 

何れも健康保険は適用されませんので、ご注意ください。尚、料金についてはクリニックにより異なりますので、各クリニクの公式サイトをご確認ください。

包茎手術の口コミ体験談

 私は、真性包茎だったので、彼女が欲しくても、なかなか告白をすることもできず、悩んでいました。 そこで、東京ノーストクリニックの存在を知り、包茎手術を受けてみようと思ったのです。これで、包茎の悩みが解消されるのかと思うと不安もありませんでした。
 手術時間は、1時間も掛からずに終わりましたし、入院する必要も無く、不都合なことは何一つありませんでした。傷痕が残るのかもしれないと思っていましたが、自分でも手術を受けたことが分からないぐらいの仕上がりになっていました。麻酔が切れた後も、そこまで痛みを感じることが無く、それよりも嬉しさの方が大きかったです。思い切って手術を受けて良かったです。
包茎手術の口コミ体験談
(30代:東京ノーストクリニック・名古屋院で施術)
 私は仮性包茎であまり気にしていなかったのですが、若干早漏気味で、そちらの方が気になっていました。色々調べてみたら、包茎が早漏の原因になっていることもあると分かり、ネットの口コミで比較的良い評価だったABCクリニックで、思い切って包茎治療を受けることにしました。
 診察の時に、早漏のことも相談したのですが、まずは包茎手術を行ってから様子を見て、それでも気になるようだったら早漏治療を行いましょうと言ってくれました。クリニックとしては、両方行った方が得なのに、そう提案せずに、患者のことを考えて答えてくれることが分かり、安心して任せられました。 まだ、手術を行ってからあまり経っていないので、早漏が治ったかどうかは分かりませんが、今後様子を見て、気になるようだったら、また相談に行こうと思います。
包茎手術の口コミ体験談
(30代:ABCクリニック・大阪院で施術)

 

包茎手術に関するQ&A

包茎手術の口コミ体験談
Q1. 包茎は手術が必要なのでしょうか?
A1. 真性の場合は亀頭が露出していないので、包皮内に細菌などが溜まりやすく、亀頭包皮炎や尿路感染症、陰茎ガンなどのリスクが高まります。病気を予防するために、手術をした方が良いでしょう。仮性の場合、自分で亀頭を露出させられますので、常に清潔になるようにしていれば、病気のリスクは少なくなります。そのため、清潔を心がけていれば手術の必要はありませんが、コンプレックスに思っているのであれば検討した方が良いでしょう。
Q2.手術以外の治療法はあるのでしょうか?
A2.真性の場合は手術以外に治療法はありません。しかし、仮性の場合は、矯正器具を使用した包茎治療などもあります。ただし、仮性の場合でも状態によっては手術以外で改善しないこともありますし、矯正器具によっては陰茎や亀頭がいびつに変形することもありますので、まずはクリニックに相談する方が良いでしょう。
Q3.包茎手術で早漏も治りますか?
A3.術後は、亀頭が露出したままになりますので、外部からの刺激にも慣れ、早漏が改善することもあります。しかし、早漏の原因は刺激によるものだけではなく、心理的な原因などもありますので、手術をすることで必ず治るとは限りません。ただ手術をすることで自分に自信を持てるようになり、早漏が改善することもあるでしょう。刺激に慣れることも早漏の改善には重要ですので、そのままの状態よりも治る可能性は高くなります。

 

包茎手術クリニックを選ぶ際のアドバイス

 包茎手術クリニック選ぶ際は、体験者の口コミ情報などを比較した上で、カウンセリングの予約を取ってから、実際にクリニックで医師やカウンセラーと相談し、治療費が総額でいくらかかるのかや術後のアフタケアなどがしっかりしているかなどを見極めたうえで決めることをおすすめします。