包茎手術の気になる料金について

包茎手術を受ける費用について紹介しています

 

包茎手術の気になる料金について 包茎手術を受けようかと思っている方の中には、値段によって決めようという方もいます。では包茎手術にはどのぐらいの費用がかかるのかというと、まず健康保険が適用されるかどうかによって大きく違います。

 

 真性包茎やカントン包茎の場合、そのままにしておくと病気になる可能性もあり、生活に支障をきたすと判断され、泌尿器科などの保険対応の医院では健康保険が適用されています。そのため、自己負担額も少なくなり、健康保険治療の適用となる泌尿器科で手術を受ける場合、費用としては1万円から3万円程度となります。一方、仮性包茎の場合、普段から清潔に保っておけば病気になるリスクも少なく、「カッコ悪い」「恥ずかしい」などの精神的な問題と判断され、生活に支障をきたすとはみなされないので、健康保険は適用されません。その場合の料金は、仮性包茎か真性包茎かということや、手術を受けるクリニックによって違います。

 

 包茎手術専門クリニックで手術を受ける場合の料金としては、健康保険の適用がないクリニックがほとんどで仮性包茎の場合、手術料金は8万円から20万円程度となっています。ただし、学割やキャンペーンなどを行っているクリニックもありますので、そのようなクリニックで手術を受けるともっと安くなる可能性もあります。また、真性包茎やカントン包茎の場合でも、保険は適用されなくなりますが、包茎手術専門クリニックで手術を受けることもでき、泌尿器科よりも丁寧な手術が期待できます。料金は10万円から30万円程度が相場です。傷跡を少しでも少なくしたい方の場合、包茎手術専門クリニックで手術を受けた方が良いかも知れません。

 

ここがポイント!

★ 包茎手術専門のクリニックなら8〜20万円程度で仕上がりもキレイ!

 

包茎手術の相場(仮性包茎・カントン包茎・真性包茎)

包茎の状態のよって異なる手術費用の相場について

 

 包茎手術をするにあたって気になるのはその料金でしょう。これはケースバイケースです。安い手術もあれば高い手術もあります。また、包茎の種類によってもおすすめの手術形式は違ってきます。

 

【仮性包茎の場合】
 仮性包茎の手術の場合、まず健康保険は使えません。仮性包茎の場合、だいたい5〜10万円といったところが包茎手術の相場です。安い手術はクランプと言われる手法で、安いところなら3万円くらいで請け負ってくれるところもあります。一方、高い手術として、亀頭直下埋没法という手法があります。この場合、15〜25万円前後かかると思っておいてください。

 

【カントン包茎の場合】
 カントン包茎の場合も仮性と同様、基本的に健康保険は使えません。カントン包茎の場合、仮性と比較すると少し費用が掛かると思ったほうがいいです。環状切開手術を選択した場合、10〜25万円程度が相場です。高い手術として、こちらも亀頭直下埋没法があります。カントン包茎の場合、15〜35万円くらいが相場です。

 

【真正包茎の場合】
 真性包茎の場合は、健康保険が適用される可能性があります。保険適用されれば、2〜3万円くらいで手術は受けられます。しかし、保険適用できる手術の方法には限りがあります。

 

 また、保険適用の手術の場合、「包茎を治す」ことに主眼が置かれます。このため、見た目などはあまり重視されないので、ハッキリ手術したことがわかる痕跡の残る恐れがあります。ですから、真性包茎でも自由診療で手術をお願いしたほうがいいです。その場合の料金相場ですが、カントン包茎とほぼ一緒と考えていいでしょう。

 

ここがポイント!

★ 仮性包茎    約5〜10万円!
★ カントン包茎  約15〜35万円!
★ 真性包茎    約2〜3万円(保険適用時)!

 

★ 包茎手術は包茎専門のクリニックで手術を受けた方が手術費用は高くなるけれど、納得のいく仕上がりに!

 

手術費用の支払方法

包茎手術の費用の支払い方法について

 

 包茎手術は何十万円単位で費用がかかります。このように言われると、「現金一括では支払えない」という人もいるでしょう。しかし、大手のクリニックを中心として、現金支払い以外にもいろいろな支払い方法を用意しています。全額用意できなくても、ローンが組めたりクレジットカードが使えたりします。支払い方法については、各クリニックのホームページで紹介されているはずです。どのような方法があるか、あらかじめ調べておくといいでしょう。

 

 クレジットカードの分割払いを選択すれば、月々少しずつ支払いができます。しかも近年、クレジットカードを利用すると、キャッシュバックポイントの付いてくる商品も多いです。手術費用はそれなりにかかるので、まとまったポイントを獲得することも可能です。クレジットカードを利用する場合、治療を受けようと思っているクリニックがどのブランドであれば支払い対応しているか、確認しておきましょう。

 

 また、大手を中心に医療ローンを提供しているクリニックも少なくありません。中には、6年や7年ローンのような長期の返済期間に対応しているローンもあります。長期ローンであれば月々の支払いが少なくなり、家計のやりくりもしやすいでしょう。低金利でローンの組める商品を用意しているクリニックも見られます。ただし、ローンを組む場合、申し込みをしなければなりません。本人確認や印鑑など必要書類がいくつかあります。どのようなものが必要になるか、あらかじめ問い合わせておくといいでしょう。

 

ここがポイント!

★ 現金以外にも、クレジットカード・医療ローンが利用できます!