未成年者の包茎手術を受けるのに必要な物は?

 

未成年者の包茎手術を受けるのに必要な物は? 未成年だけども、包茎の悩みを解決するため包茎手術に踏み切るケースはあります。このような、未成年が包茎手術を受けるケースで必要な物はお金、そして親権者の同意書です。包茎手術はオプションの有無などで大きく費用が変わってくるので、そのあたりをどうするかはあらかじめ親権者と話し合わなければいけません。現金で支払いする場合は基本的に一括なので、ある程度のお金を持っていく必要があります。一方、包茎手術専門のクリニックではクレジットカードでの分割払い、ローンに対応しているのが一般的です。クレジットカードやローンで支払いをするのであれば、現金を持っていく必要はありません。

 

 親権者の同意書は、多くの包茎手術専門のクリニックが必要だと定めている書類ですが、親権者が同伴するのであれば不要なケースもあります。同意書は包茎手術専門のクリニックの公式サイトからダウンロード後、プリントアウトして記入する形です。いずれにしても、未成年が包茎手術を受けるのであれば親権者に許可をもらう必要があるので、話し合いは欠かせません。

 

 用意しておくものは親権者の同意書、お金くらいで、包茎手術後に必要な物は基本的に医療機関の方で準備されています。包茎手術後、いずれ抜糸などで医療機関を訪れるものですが、包茎手術からしばらくは自分で消毒をしなければいけません。痛み止めなどの薬と共に消毒に使う道具も用意されるので、事前の準備に関しては不要です。

 

未成年の場合保護者の同伴が必要?

 

未成年の場合保護者の同伴が必要?

 未成年でも、親権者の同意があれば包茎手術は受けられます。親権者の同意を得て未成年者が包茎手術を受ける場合の話ですが、基本的に必要なのは同意書だけです。包茎手術はコンプレックス解消のために受ける人が多いため、保護者同伴が必要であれば包茎手術を受けにくいと感じる人も出てくるでしょう。保護者同伴は法律的に絶対に必要なものではありませんが、医療機関によっては保護者同伴を求めているところもあります。一方で、保護者同伴は必要でなく同意書さえあれば大丈夫なところもあり、医療機関によって対応が異なるのです。そのため、どうしても未成年のうちに包茎手術に踏み切りたいのであれば、保護者同伴が必要かどうかをチェックするのも手です。

 

 ただし、仮に保護者同伴が必要でない場合でも同意書は欠かせないので、いずれにしても親権者に包茎手術を受けたいということは打ち明けなければいけません。未成年者が親権者の同意を得ずに包茎手術を受けることはできない、これは押さえておきたいポイントです。どうしても親権者の同意を得るのが難しい場合や、恥ずかしくて打ち明けることができない場合は、少し時間を置くのが無難です。

 

 未成年者の包茎手術には同意書などの問題がありますが、成人すればそのような問題は起きないとも言い換えられます。成人してからの包茎手術であれば親権者の同意はなしでも大丈夫なので、未成年のうちに包茎手術をするか、少し待ってみるかよく検討してください。

 

未成年で包茎手術をするメリット

 

未成年で包茎手術をするメリット

 未成年のうちに包茎手術を受けるメリットは、コンプレックスを未然に防ぐ効果が見込める点です。女性の包茎に対するイメージはよくない場合が多く、包茎であることを笑われるみたいな例は決して珍しくはありません。また、銭湯などで同性から馬鹿にされるという例もないわけではなく、コンプレックスから自信を持てず苦しむ例は多いのです。未成年のうちに包茎手術を済ませておけば、このようなコンプレックスを悪化させるような出来事は起こりません。

 

 包茎の中には健康によくない影響を与えるものもあり、特に真性包茎は亀頭包皮炎や尿路感染症などの病気にかかりやすいのです。早めに包茎手術を済ませれば、このような健康上のリスクも避けられるため未成年で包茎手術に踏み切るのも手です。

 

 基本的には包茎手術によるデメリットは考えにくいものの、そもそも包茎手術をしなくてよいケースもあります。軽度の仮性包茎であれば、包皮を剥く癖をつけるだけでも気にならない程度に改善される例はあるため、包茎手術を見送っているうちにいずれ改善する可能性は否定できません。しなくてもよい包茎手術をしてしまうかもしれないのが難点ではありますが、包茎が自然に改善するとは限らないため、未成年のうちに包茎手術を検討してもよいでしょう。包茎手術で感度が落ちるなんて話もありますが、内盤包皮を傷つけないことで回避できます。技術力や経験があれば避けられる問題なので、感度をしっかりと意識してくれる医療機関を探せば大丈夫です。

 

何歳から包茎手術を受ける事ができるか?

 

何歳から包茎手術を受ける事ができるか?

 早ければ、小学生の頃から陰茎に関する悩みを抱えるものです。今回は何歳から包茎手術を受けられるかを取り上げますが、何歳になれば包茎手術を受けられるというような明確な基準はありません。一応、肉体的には10歳くらいから包茎手術はできるものの、実際に小学生の段階で包茎手術に踏み切る例はあまりありません。

 

 生まれた時は誰もが真性包茎ですが、思春期を経て成長するに従って改善していくケースは多いため、仮に小学生の時点で真性包茎だったとしても、数年後にどうなっているかは分からないのです。そのため、小学生の段階で包茎手術を受けるのは時期尚早で、しばらく様子を見るのが基本です。ただ、包茎が重度で、排尿に問題があるなどやむを得ない事情があれば、小学生の時点で包茎手術をすることも全くあり得ないわけではありません。

 

 高校生くらいまでは重度のケースを除き包茎手術は基本的に行われず、包茎手術専門のクリニックでは18歳未満の包茎手術には対応していないのが一般的です。また、未成年の段階で包茎手術を受けるためには親権者の許可が必要なのですが、家族に対して包茎で悩んでいることを打ち明けるのは簡単なことではなく、さらに費用をどうするかの問題もあります。未成年のうちは包茎手術のハードルがやや高めなため、高校生から19歳くらいの年齢で仮性包茎に悩んでいるのであれば、もう少し待つのが現実的な対応です。しかし、どうしてもコンプレックスを早期に解消したいのであれば、親権者に打ち明けた上で包茎手術を受けるのも手です。