学生のうちに包茎手術を受けようと思っているなら、学割が適用する時期に受けておくと料金面でもお得になります。多くの男性が仮性包茎に悩ませれていて、仮性包茎は包茎手術の中でも保険が適用されない自由診療になっています。学割が適用されるのであれば、学生のうちに包茎手術をしておくといいでしょう。なぜならば、包茎手術の技術は今日医療の進歩によって手術跡が目立たなく、よく見ないと分からないくらいキレイな仕上がりになります。包茎手術専門クリニックの開業実績は30年くらいなので、これからの介護をしてもらう事を見据えて中高年世代が包茎手術を受けています。

 

 包茎手術を受けるのに遅すぎるという事はありませんが、早いうちにやっておけばよかったという意見が多いので、学生のうちに思い立った今が包茎手術を受けるチャンスかもしれないですね。手術を受けるタイミングですが、学生ならではの長期休暇中に包茎手術を受けている学生さんは沢山います。夏休み、春休み、冬休みなどを利用して受けてこっそり包茎を克服しているのです。しかし混み合う可能性が高くなるので、希望する日があれば早めにカウンセリングの予約を取っておくとスムーズに受けられます。

 

 学生といっても高校生、大学生でも未成年であれば親の同意書も必要になります。ですから、親御さん承諾を得て一筆書いてもらえる様にしておきましょう。用意する書類は各クリニックによって異なるので、申し込み前に確認しておくと二度手間にならずに済みます。また、申し込みの際に学割を適用させるには注意点がいくつかあるので、下記の内容をよく読んで参考にしてみてください。

 

      〜目次〜

 

・学生の方は必見!包茎手術を学割で受ける方法とは?


・包茎手術を学割適用で申し込むには?


・包茎手術の学割はどのくらいお得?


・学生のうちに受けておいてよかった!?学割が効く包茎手術の条件とは?


学生の方は必見!包茎手術を学割で受ける方法とは?

 

学生の方は必見!包茎手術を学割で受ける方法とは?

 真性包茎、仮性包茎、カントン包茎など、一言で包茎といっても状態によって包茎の種類が分かれます。その中でも真性包茎とカントン包茎は特に包茎手術を必要とする状態です。しかし包茎手術は自由診療になることから手術費用が高額になり、学生にはなかなか手を出しにくいですよね。

 

 そのような方におすすめなのが、学割で包茎手術を安く受ける方法です。包茎手術が出来るクリニックの中には学割を適用することができるところがあり、中には10%OFFになるところもあります。学生にはとてもありがたいですよね。

 

 包茎手術に学割を適用するには、親の同意書が必要になります。同意書に記載する項目は、包茎手術を実際に受けようとしている学生の名前、生年月日、年齢、現住所、電話番号、職業などです。これに加えて、親権者の住所、電話番号、親権者名、包茎手術を受ける学生との続柄を記載し、捺印をするだけです。

 

 この親の同意書には、具体的な包茎の症状であったり、手術の内容などを記載したりする訳ではありません。どれも一般的な項目になっていますので、これなら親に見せる時や記載してもらう時でも恥ずかしくないですよね。

 

 ただし、この同意書は自分でこっそり書くのではなく、必ず親に書いてもらってくださいね。なぜなら包茎手術時は親同伴でクリニックに行く必要がありますので、必ずバレます。親には素直に包茎手術を受けたいことをきちんと伝え、理解してもらったうえで包茎手術を受けるようにしてくださいね。

 

包茎手術を学割適用で申し込むには?

 

包茎手術を学割適用で申し込むには?

 包茎手術を受けるとき、手術を受ける人が学生の場合は学割を適用することが出来るクリニックがあります。包茎手術は自由診療になるため、手術費用は数万円、メニューによっては十数万円もかかってしまいます。学生にとってその金額は非常に高額ですし、簡単に出せる費用ではありませんよね。

 

 なので今学生の人は、学割で少しでも安く手術を受けることが出来るので利用を検討してみましょう。包茎手術を行っているクリニックはたくさんあり、各クリニックで様々な特別プランが用意されています。学割はその中の一つとして用意されています。

 

 学割を適用させるには、クリニックへの包茎手術の申し込み時にその旨を伝える必要があります。具体的には、インターネットで予約をする場合は予約フォーム内の備考欄に学割と記入します。もし電話で予約をする場合には、電話で「ホームページの学割のページを見た」と伝えると学割で予約ができます。

 

 なお、学割については必ずインターネットか電話での「予約時」に申し出てください。そうでなければ学割が適用されない可能性がありますので注意してくださいね。

 

 また、学割を利用する場合は、予約時に事前にクリニックへ申し出ることに加えて、18歳以上の学生である必要があります。学生である事の証明として、クリニックに行った際に学生証を提示することが必要になります。また、未成年の場合は親の同意書も必要になります。いずれも忘れないよう必ず持参してくださいね。

 

包茎手術の学割はどのくらいお得?

 

包茎手術の学割はどのくらいお得?

 包茎は男性に多い悩みの一つです。特に異性との交流が活発になる20代前後の学生にとっては包茎かどうかは非常に重要な問題であり、大きなコンプレックスの一つですよね。自分が包茎だと自信が持てず、恋愛に奥手になってしまいますよね。また包茎の中でも特にカントン包茎や真性包茎については包茎手術を受けないと治りませんので、早めに包茎手術を受けた方が良いでしょう。

 

 しかし、包茎手術は自由診療である事から手術費用は高額になっており、学生にとっては中々手を出しづらいというのが実態ですよね。そこで、包茎手術を受けられるクリニックでは学生を対象とした学割プランを用意しているクリニックがいくつかあります。学割の制度は各クリニックで異なるものの、学割を受ける事で通常プランより安く包茎手術を受けることができます。

 

 クリニックによっては、学割を適用すると10%OFFになるというところもありますので、少しでも包茎手術費用を抑えるために必ず利用したいですよね。学割は学生でないといけませんので、学生と証明するために学生証の提示が必要になる場合や、未成年という事で親の同意書が必要になるところもあります。

 

 ただし、学割の内容については、各クリニックで異なっていますし、また内容についても随時変更されている事から、もしクリニックで学割を適用して包茎手術を考えている場合は、事前にホームページなどに記載されている学割の内容が最新の情報なのか確認することをおすすめします。

 

学生のうちに受けておいてよかった!?学割が効く包茎手術の条件とは?

 

学生のうちに受けておいてよかった!?学割が効く包茎手術の条件とは?

 包茎手術は非常に高額な手術です。しかし、男性にとって包茎かどうかは非常に重要で繊細な問題であり、できれば早く手術で治しておきたいと考える方も少なくありません。実際に包茎手術は出来るだけ早めに受けておいた方が良い手術と言われています。

 

 一つ目は衛生面です。包茎の場合、雑菌が繁殖しやすく炎症を引き起こしたり、性病になりやすくなったりします。また深刻な場合は、血流が阻害されて機能障害になってしまうこともあります。

 

 二つ目は精神面です。早く手術を受ける事で悩みが一つ解消されますので、その後の人生で悩むことがなくなり精神的に気軽になれます。
そして三つ目は金銭面です。学生の内に包茎手術を受ければ、学割を適用できます。学生でない時に比べて同じ手術内容で安く手術を受ける事ができます。

 

 どれも重要な理由ですが、タイムリミットが定まっているという点では学生の人は学生の内に包茎手術を受けた方が良いでしょう。クリニックによって学割の内容は異なりますが、中には10%OFFになるところもありますので、どうせなら学割がきく内に包茎手術を受けた方がいいですよね。

 

 学割を受けるにはいくつかの条件があり、一つは18歳以上の学生である事です。学生であることを証明するため、学生証を提示する必要があります。ただし高校生は手術を受ける事ができませんので注意してください。
また18歳以上の未成年者様は、親権者の同意書が必要になります。親権者同意書をご持参の上、親権者様同伴でご来院ください。