包茎手術において健康保険は利用できるのか

包茎手術クリニック口コミ体験談TOP > 包茎手術の基礎知識 > 健康保険は利用できるの?

包茎の手術は健康保険が利用できるのかについて説明しています

包茎の種類によって健康保険適用かどうかが異なる

 包茎手術は、健康保険の適用対象になるのでしょうか?一般に包茎手術を受ける際、周囲の目や自分自身の心理的な抵抗、術後の経過に対する不安などと共に問題となるのが、費用の額です。手術に関心があり、よりよい性生活を求めて包茎手術を受けようと思い立ちながら、手術費の額を聞き、二の足を踏んでしまったという人が少なくないはずです。

 包茎手術の場合、入院の必要もなく、患部が体内にあって切開しなければならないわけでもないので、よけいに割高感があるのかもしれません。軽い気持ちで手術を思い立った人にとって、包茎手術の費用は決して安いものではありません。病気で診察を受け、手術を受ける場合のように健康保険が適用されれば、30パーセントの自己負担でおなじ手術を受けられるので、ずいぶん敷居が低くなるはずです。たとえば全額自己負担なら10万円かかるところが、社会保険を適用することで3万円になれば、多くの人が包茎手術に踏み切るのではないでしょうか。

 現実には残念ながら、包茎手術に健康保険が適用される例はあまり多いとは言えません。なぜなら健康保険が提供されるのは疾患に対してのみとなっているからです。医学的な見地から包茎とみなされるのは、陰茎体部を覆う包皮部分の開口面積が狭い、いわゆる真正包茎だけであり、外部から力を加えれば亀頭部分を露出させられる仮性包茎は、国際的には正常な状態と考えられています。そのため、仮性包茎は疾患とは見なされず、手術で矯正する場合は、美容整形で鼻を高くするのと同じ行為とみなされ、ほとんどのケースで適用外になってしまうのです。

 真正包茎では性行為が困難になったり、包皮内に雑菌が繁殖して炎症を起こすなどの疾患を招いたりするため、健康保険を使って手術を受けることができます。(健康保険を取り扱っている医療機関のみ)一方、外力によって亀頭を露出させることのできる仮性包茎では、保険が適用になることはほとんどないでしょう。保険が適用されるかどうかの基準は、それが病理的な異常と認められるかどうかにかかっており、簡単に言えば、手術を受けないと生活や健康面に支障を来すような場合は保険の適用範囲に含まれると考えられます。